平成元年(1989)、当クリニックは、六本木に開業してから30年を迎えました。
2018年、「ドクター・アンディーズ・クリニック」は、「医療法人社団 悠健 ドクター・アンディーズ・クリニック」に変わり、今後さらに医療活動を広域化し、社会貢献をしてまいります。
また国際奉仕として、これからも国際ロータリーと一緒に取り組んでまいります。

開院して30年の思い

ドクターアンディーは、臨床医療においては、救急救命医療、麻酔科、外傷学、整形外科腫瘍学、形成外科微小外科を経てまいりました。基礎研究では、がん細胞培養研究、免疫細胞培養研究、医薬品の経皮膚吸収システムの研究などを経て、今日の医療法人社団悠健設立に至りました。また、地域医療への貢献、国際奉仕は、ドクターアンディーズクリニックの根本となっています。
現在は美容医療のほかに、早期がんの検出・予防・治療を行っている一方、再生医療にも力を入れて勉強しております。近い将来、ポリオ罹患患者様、関節変形の患者様などのQOLも改善できればと考えております。

「ドクター・アンディーズ・クリニック」は、脂肪溶解メソセラピー、手の甲の浮き出た血管治療(硬化療法)を中心に、これまで10,000症例以上の治療を行ってまいりました。治療以外に関する悩み相談にも親身になって耳を傾け、一人でも多くの患者様に喜んでいただけるよう心がけております。そのため、患者様から知人の方やご友人の方をご紹介いただくことが非常に多いのが当クリニックの特徴です。


アンドリュー・ウォン 医学博士
(Dr. Andrew C.W. Wong, . MD.,Ph.D.)
Dr.アンディーズクリニック院長
ドクターアンディーズクリニック
付属 東京輪郭形成研究所院長
美容外科、美容皮膚科、アンチエイジング医

語学に堪能(日本語、中国語、英語、仏語、ドイツ語)
趣味:オペラ鑑賞、映画鑑賞、歌う(テノール パーツ1)、ワイン、陶芸、茶道、武術、神社参拝、早朝のライニング、散歩
好きな食べ物:和食全般、特に豆腐料理

Dr. Andy経歴

1972年 来日
国立岐阜大学医学部卒業、同大学院整形外科学修了(医学博士)。
名古屋大学形成外科、形成・再建外科専攻。
整形外科腫瘍学・免疫遺伝学の研究。
ロータリー米山記念財団奨学生。
日本政府文部省外国人国費研究奨学生。

1989年「Dr.アンディーズクリニック」(東京・六本木)を開設。
自ら診断・治療にあたり、大手企業の要人、海外のセレブなど顧客から高い信頼を得ている。

【アンチエイジングの研究】
常に欧米の最先端技術をアジアのアンチエイジングおよび美容医療医学界に取リ入れるため、年間10回以上の国際学会に参加しながら、最新情報の提供に努める。従来のホルモン強化療法に加え、成長ホルモンの分泌促進のための経皮膚投与の成長ホルモンリリースホルモンアナログ(GHRH+)の開発にいち早く成功(2002年1月にパリで開催された国際アンチエイジング学会 IMCASにて発表)。「経皮膚吸収システム」をテーマに、数十品目のアンチエイジング製品を薬剤師、薬理学者、分子生物学者とともに研究開発。抗酸化抗糖化メディカルサプリメント、痩身用の塗るメソセラピープロダクツ、キレーション・デトックスの経皮膚吸収製品等の研究実績で各国の研究者の注目をあびている。

【メディカル痩身・ダイエットの先駆者】
Dr.アンディーは、アジアで初めてフランス式メソセラピー治療を導入。
メソセラピー発祥の地、フランスのボルドー大学で正規の研究を行い、日本でも数少ないフランスのメソセラピー学会の認定証を持 つ「フランス・メソセラピー・ソサエティー学会」の正会員でもある。 患者の希望を取り入れながら組む、独自の痩身・ダイエットメソセラピーは、カスタムメイドされた治療法と信頼のアフターケアをあわせたトータルバランスを考えたプログラムです。

【所属・活動】
アメリカ・アンチエイジング・アカデミーの正会員
日本美容外科学会専門医
日本形成外科学会会員
国際美容外科学会会員
日本頭痛学会会員
フランスメソセラピーソサエティ学会正会員
国際奉仕活動においては、国際ロータリーを中心に、数多くの人道的プロジェクトや国際奉仕活動に励み、これまでに70カ国以上の活動に参加しています。また、美容医療に関する著書に加え、国際奉仕活動での出会いを記した「で愛、ふれ愛、たすけ愛」なども出版しています。国際ロータリー最高栄誉賞(Service Above Self Award)受賞 。

Dr. Andyブログ