骨張った頬骨を卵形の小顔に

頬骨が横に張っていると顔が大きく見えるばかりでなくきつい印象を与えます。
手術では横に張っている部分だけでなく前方に突き出た部分も切除し削るため、小顔効果だけでなく
顔全体がすっきり細く、柔らかい印象になります。

頬骨削りはこんな方に最適です

◆頬骨が張っていて、顔が大きく見える
◆横へ張り出してた頬骨のせいで、ごつい顔に見える
◆頬骨が高く、老けた印象を持たれる

手術の流れ

1.術前検査※手術のお申込み時には下記の検査が必要です。
・血液検査(HIV検査含む)・心電図・頭部レントゲン・胸部レントゲン

2.来院
スタッフ・医師より手術のご説明をさせていただきます。

3.手術※約2時間程度
手術は口腔内切開で殆ど行いますが、頬骨弓を切離する際に耳前部頭髪内を1~1.5cm切開しますが傷痕は殆ど目立ちません。口腔内より頬骨弓から頬骨前面を5~10mm幅でレシプロケーティングソーにて切除します。
続いて、耳前部の頭髪内を1~1.5cm切開して直下にある頬骨弓起始部を切骨して頬骨弓全体を内方へ移動してワイヤー固定する方法です。従来の方法では、口腔内から頬骨前面を削るのみか、もしくは加えて耳前部から頬骨弓を削る方法であったために、僅かな変化しか得られず、また再生による再発が多かったのですが、この方法では骨切りにて頬骨弓全体を内方骨折移動をするために顔の横径で最大約1cmの小顔効果が得られます。

4.手術後
当日帰宅可能です。
骨膜下剥離にて手術するために、神経や血管などを損傷する可能性もなく安全で腫れも僅かです。通常入院は不要ですが、術後状態やご希望により1泊入院も可能です。

【施術内容】 施術時間/約120分 麻酔/全身麻酔 リスク/麻酔の後遺症、神経による痺れ、左右差、腫れ

手術前のデザイン

頬骨・エラ削りの手術前(上段)と手術後(下段)

手術後の経過・注意事項について

固定:腫れの防止の為、最低3日間圧迫固定を行います。
抜糸:溶ける糸を使用するため不要ですが、医師の判断により2週間後に行うこともあります。

手術後の合併症の限界について

左右差
人の顔は元々左右非対称です。骨以外にも筋肉・皮下脂肪などの様々な要因の影響を受けるため完全な左右対称を保証することは困難です。また削れる量にも限界があります。
術後の違和感
術後しばらくの間は、物を咬む時に違和感があることがありますが、徐々に消失します。